​お答え

小屋を作るときの最も重要な注意点は業者と業者のつなぎをうまくできるかという点だとおもいます。

具体的に言うと例えば、土台ができて小屋の躯体ができているのに屋根の業者さんが忙しくて、そのまま何週間も工事がストップしてしまい、材料が傷んでしまうことがよくあるからです。

うちの近所でも、工事が何週間も時には何か月も工事がストップしている現場をよく見かけます。

これは業者さんとの打ち合わせがうまくいっていない場合に起きる現象です。

特に一般住宅に比べて金額が安い小屋の建築は、後回しにされることがよくあるので、一般の建築業者に依頼する場合は、このことを特に気を付けて、入念な打ち合わせをすることをお勧めします。

ちなみに当社の場合は、何度も言いますが、下請けを使わずにすべて自社で行うので、工事が一度始まってしまえば、途中で長期間。工事がストップすることはありませんのでご安心ください。


 

sma.jpg