秦野 S様邸 インタビュー記事

秦野ご夫婦アップ.JPG

​お忙しい中、実際に使っておられる生の声を届けたくて、インタビューにご協力いただきました。

 

​質問1 どうしてスモールハウスを建てようと思ったのですか?

もともと、母屋のベランダの無駄だったスペースを有効活用したかったんですね。

母屋を建ててもらった業者に、頼もうと思っていたんですが、見積もりが高額すぎて、どうしようかと思っていたんです。

それで、ウェブで検索をしてスモールハウスビルダーズさんのホームページで知って、夫婦で遊びに行ったら楽しいお話と美味しいお茶出してもらいました。

思っていたよりも印象が良かったし、うちの子供達にも、見てもらいたかったので、数日後、家族で山中湖まで見学に行きました。

ちょうど、お昼の時間で、食事もご一緒させてもらいました。
       
とても美味しかったですよ。
 
見せて頂いたスモールハウスもすごく良かったし、 ビルダーズさんの人柄も良かったので、何日かあとに、うちの設置場所を見に来てもらいました。

ところが母屋のベランダに作るのは、軒の高さが低すぎて、最初は断られてしまいました。

その代わり、敷地の隅っこにある手つかずの窪んだスペースのところだったら、なんとか作れますよと提案してもらいました。

その場所は、庭の活用できていなかったスペースなので、その提案に乗って、制作することとなりました。​

質問2  実際に使ってみた感想は?​

木の感じがめちゃ良かったです。
   
とにかく部屋の中の空気感が素晴らしい!

母屋は、人工的な感じがするのですが、スモールハウスは、木の自然な暖かさがあります。
   
母屋と雰囲気がすごく違うのが面白いです。

来てくれたお客さんも喜んでくれて、母屋よりもスモールハウスで過ごしたがります。

みんながあんまり喜んでくれるので、母屋の方の改築もお願いしました。

最初、改築の仕事は、うちはやってないのでと断られたのですが、何度もお願いし続けたら、色々アイデアを出してくれて、母屋も改築することになりました。

母屋のお部屋は、基本的には、娘のお部屋なのですが、お客さんが来たときに泊まってもらったり、リモートワークはもちろんワークショップを開いたり、どんどんイメージが広がって、最初に想像した以上に、老後の楽しみが増え続けています。 ​

木を木目を活かした外観は飽きることなく、長く癒やしてくれます。

​休むという漢字は亻(にんべん)に木と書くのも、うなずけますね。

質問3  当社の仕事ぶりはどうでしたか?​

とにかく楽しそうに仕事をされています。

もちろんきちんとされています!

普通の業者さんと違うところがあります。

それはこちらも作業に参加させてもらえることです。

いろんなやり方を教えてもらえました。

DIYを勉強できて、自分でもDIYに挑戦できたんです!
           
おかげで、庭に通路を作ったり、作業台などを作ることができました。

今まで興味はあったのですが、なかなかできてなかったので、スモールハウスをきっかけに挑戦する事ができました。

楽しそうに制作されているので、チャレンジする気持ちが出てきたのかもしれません。

 

質問4  スモールハウスの購入を検討されている方に、一言お願いいたします。

一度、山中湖に行ってみるのがおすすめです。

見てみないと想像できないし、人柄もわからないので直接話しを聞いてみてほしいです。

行けば、すぐにわかりますよ!

sma.jpg
実際に戻る.jpg
home4.jpg
kakaku4.jpg
jissai2.jpg
opushonn4.jpg
nagare4.jpg
enjoy44.jpg
ekoutei44.jpg
sisann4.jpg
naisou444.jpg
sonota.jpg
見学アクセス.jpg
toiawase4.jpg